お金を借りる

借金返済におけるヤミ金融の見分け方

借金返済で困っている人の多くは、最初に計画的な借金返済を考えなかった人のようです。最近では、キャッシングがテレビコマーシャルに登場し、お金を借りることが簡単にできるようになりました。お金が足りない場合、甘い気持ちでついつい多めにお金を借りる人が増えています。そうして、いざ借金返済になると、返済額を捻出できなくなります。特に、存在そのものが法律に違反しているヤミ金融などは、お金を借りる時には利息は安いとうたっています。できれば、誰でも借金返済に苦しみたくありません。そこで、甘い言葉に惑わされて、ヤミ金融に引っかからないようにしたいものです。借金返済に苦しまないように、ヤミ金融の見分け方を知っておくことはとても大切です。ヤミ金融は、まず連絡先が携帯電話しかありません。また、広告にブラックOKなどと記されていて、年金を担保に融資するといった言葉が書かれています。また、融資額がとても多いのに、年利がすごく低く示されていたりします。また、ポスティング広告などに、宝石や家財道具などを担保に融資できると書かれています。こうした甘い言葉に誘われると、借金返済ができない場合も、必要以上に取り立てられ精神的にも苦しむことになります。借金返済に苦しまないためにも、ヤミ金融の恐ろしさを知っておくと良いでしょう。

借金返済における被害者連絡会

借金返済において、問題や苦情のある人は、被害者の団体に申し出ることが出来ます。日本では、1982年にクレジット・サラ金被害者連絡協議会が設立されました。借金返済における高金利や、心理的不安を引き起こす取立てなどのサラ金被害者が団結して国に、借金返済で悩む人を減らすため、サラ金を撲滅するような法律を作るよう働きかけてきました。借金返済に苦しみ、同じ被害を受けた人たち同士で連絡を取り合い、精神的不安の解決にも役立っています。そして、この、クレジット・サラ金被害者連絡協議会は、全国にサラ金被害者の会を作り、借金返済で悩んでいる人を少しでも多く救っていくことを目的にしています。借金返済で悩む人は、たいてい一人で苦しんでいます。その人達の横のつながりを作り、クレジット・サラ金被害者を根本的になくすよう社会に働きかけているのがこの団体です。サラ金被害の発生原因とされるものは、高金利と過剰な貸付、それに債務者を脅かす、暴力的取立てであるとされています。このクレジット・サラ金被害者連絡協議会は、弁護士や司法書士の力を借りて、被害を防ぐよう働きかけてきました。現在では、このクレジット・サラ金被害者連絡協議会という名前に近い名前をつけて悪徳業を行う業者もあるので、注意が必要です。

病院でクレジットカードを使うと普通にショッピングなどでクレジットカードを使うよりもお得です。その理由は病院でクレジットカードで支払いをする場合、医療費でも支払った金額によってクレジットカードのポイントがつきますが、医療費は場合によっては後で保険などによって返金してもらえたり還付してもらえると思います。ですから実際に1万円支払っていたとしても保険で7千円戻ってきたら3千円しか実際には支払ったことにはならないのですが、クレジットカードのポイントは一番最初に支払った額の1万円分のクレジットカードポイントがつくので7千円分のクレジットカードポイントを何も支払っていないのにつけることが出来るということになるのです。

 

ですから同じ医療費を支払うならクレジットカードを使ったほうがポイントが加算されるのでお得ですが、その上還付してもらったらその分のポイントは何もしていないのに加算されることになってもっとお得になるということになります。最近では病院でクレジットカードを使うことが出来るところがとても増えてきましたから現金で払わないでクレジットカードを使ってポイントを貯めるといいですね。特に入院や手術をしたときなどに保険がおりるまで先に支払いをするわけですから高額なポイントがついてお得です。